車を売るときに必要な書類はこちらで確認!

車は法的に所有権が定められているものなので、売るときには名義変更手続きに必要な書類を集めることになります。

 

ほとんどの書類は車の中や家にあるわけですが、一部については役所で取得しなければいけないようなものもありますので、続きを確認してください。

 

なお、車の査定前に書類をそろえておくことによって査定士に対して車を売ることについて積極的であることをアピールできることから、売値が高くなるという影響があります。

 

そのため、いずれにしても必要な車売却のための書類ですので、先にそろえておくことをオススメします。

車の査定後の処分に必要な書類

冒頭にも申し上げたように車を売るということは車の名義変更に必要な書類を集める必要があります。

 

紛失が無く、住所変更などをしていないならば多くの場合には印鑑証明書を取得するだけでそろうことも多いです。

 

しかし、紛失してしまうと再発行が必要な書類もありますので、車を売る前に書類の欠品がないか確認することによって、その後の行動が楽になるかどうかが変わってくるでしょう。

 

合わせて車を高く売ることが出来るかどうかについても影響しますので、早めにそろえておくことは非常に良いことです。

 

ところで、なぜ書類を事前に用意しておくことが車を高く売ることにつながるのでしょうか。

 

概要についてはお話しましたが、詳細については次のようになります。

なぜ書類を用意すると車査定交渉に有利なのか?

結局売るまで書類は必要ではありません。

 

それではなぜ車査定の交渉に有利になるのでしょうか?

 

それは査定業者と利益を合わせてあげることです。

 

車査定業者は車を仕入れて売ることで利益を出しています。

 

そのため、事業を行う以上は永久に仕入れて売り続けないといけません。

 

そうなると早く仕入れて早く売りたいですよね?

 

あなたはそこに協力してあげるべきなのです。

 

書類をそろえておき、今日や明日にでも持っていって良いと交渉すれば多くの業者で査定額を争ってくれるでしょう。

 

業者としても暇ではありませんから、できる限り効率よくビジネスを行いたいと考えています。

 

そのため、多少利益が減ったとしても事業を回転し易いなら努力してくれるでしょう。

 

書類をそろえておくと交渉し易いという理由が分かっていただけたでしょうか?

 

なお、少しでも車を高く売りたいという方は、業者間比較を絶対に行ってください。

 

⇒車査定業者を極限まで使い倒して最高の査定額を目指す方法

車査定等で必要な書類の確認表

    住所変更 名義変更 抹消登録
車購入 車売却
車庫証明   ●※1  
委任状    
印鑑証明書    
自動車納税証明書
自賠責保険証明書  
自動車検査証  
住民票 ●※2      
譲渡証明書        

※1 車検証記載の所有者と使用者、車検証記載の住所と所有者の住所が異なる場合、軽自動車の登録時に必要

※2 軽自動車は都道府県ごとに異なる

 

【委任状】は基本的に業者が用意してくれる

委任状

車の登録や廃棄処分、名義変更などを代行依頼する場合、依頼事実を証明する書類です。

 

業者に法的手続きを委任(代行)するときに必要となります。

 

【印鑑証明書】は一番手間がかかって面倒

印鑑証明書

自動車登録時には実印による捺印が必要となります。

 

使用した印鑑が実印であることを証明する書類として必要となります。

 

そして下取に出して車を買う場合には、同じ印鑑の場合でも登録時に1通・下取時にも1通と合計2通必要となります。

 

【自動車税納税証明書】を紛失すると再発行

自動車税納税証明書

車の所有者が自動車税を納税していることを証明する書類です。

 

全ての法的手続きなどで必要となりますので、無くしたら大変なことになりますね。

 

※再発行は県税事務所や自動車税事務所・ナンバーを管轄する地区の事務所に行ってください。

 

【自賠責保険証明書】は車検証と一緒に入っていることが多い

自賠責保険証明書

自賠責保険に加入していることを証明する書類です。

 

抹消手続き以外では必要になります。

 

なお、自賠責保険とは強制加入保険とも言われています。

 

【自動車検査証】はいわゆる車検証

車検証

自動車は定期的に点検を行わないといけません。

 

これは自動車の所有車・使用者に定期的に点検整備をする義務があるからです。

 

そのときに交付されるのがこちらの、車検証ということになります。

 

検査登録を完了した後にナンバーとともに交付される書類です。

 

これには車を売るときに必要な情報、メーカーや年式・車種などが記載されていますので査定前にはそばにおいておくと誤った情報を伝えずに済むでしょう。

 

【住民票】は住所変更などをしたときに必要

住民票

車の所有者と使用者が異なる場合や、所有者の現住所が登録住所と異なる場合に必要になります。

 

車登録のときと住所変更のときに必要のようですが、所有権が移転するときには必要ないようです。

 

同様に廃車するときも必要ありません。

 

【譲渡証明書】は業者が用意してくれる

譲渡証明書

車を下取に出したり、買取に出すときに、売り手に買い手が譲渡したことを証明する書類です。

 

名前の通りに譲渡するときに利用します。他の用途では使われていません。

 

なお、嬢と証明書は実印を使用しないといけません。

 

【車庫証明】は車検証と一緒に入っていることが多い

車庫証明書

車の保管場所が存在することを示す書類です。

 

駐車場を借りている場合には不動産会社の承諾をもらう必要があります。

書類は早めにそろえておくと良いことが多い

以上、車を売るときの書類でした。

 

書類をそろえておくことで買取に来た業者を積極的にさせて、より高く買ってもらえるようにしましょう。

 

お互いがwin-winの関係を作ることが対人関係の構築には絶対必要ですね。

 

出来る限り高く売りたいと考えている方はこちらも確認してください。あ

 

⇒車を高く売るためには一括査定の比較確認はこちら

 

以上、「車を売るときに必要な書類はこちらで確認!」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

高く売る人続出中!
査定額の差を【絶対】に見逃すな!
一括査定と下取査定で比較
一括査定利用で平均16万7811円査定額UP!(50%以上の方が10万円以上の差)
見積数を一括査定と一社で比較
一括査定利用で平均13万7757円査定額UP!(70%以上の方が5万円以上の差)
査定依頼に【1分】も時間がかかってしまいました

査定だけでももちろんOK!

売る予定なら今すぐ確認!

大手車査定業者

【車を高く売りたい方以外は見ないでください!】

>車査定相場を調べても高く売れない理由<

このページを見た人はこちらのページも見ています

  • 他人名義の車を売るときの手続きや必要書類
    名義があなたではない場合には基本的に車を売ることはできません。   これは当然のことで、これがまかり通ってしまうなら今以上に車は盗難されてしまうでしょう。   海外に車を不法輸出す…
  • 車の遺産相続手続きと必要な書類
    車の所有者が死亡してしまったケースなどは車を相続することになると思います。   このときに、車を売るにしても相続後に使用するにしても名義変更を済ませるほうが後々楽なのです。   こ…
  • 車購入時に必要な書類など
    車を買うときに必要なもの、それは「金・書類・駐車場」です。   金は当然、車を買うときに必要ですし書類についても登録などをするのに必要です。   その他、駐車場がないとしたら車庫証…
  • 廃車するための書類と方法
    廃車自体はただ書類を揃えて提出するだけで行うことは出来ます。   なお、廃車には一時抹消登録と永久抹消登録がありますが、どちらもそれほど大きく変わるものではありません。   ユーザ…
  • 所有者が海外在住で車を売るためにはどうすればよい?
    例えば親戚が海外にいるときに、家のガレージが狭いので処分するとき。   車を売るときには所有者が集める書類がなければ売ることは出来ません。   でも所有者は海外在住・・・ &nbs…