【燃費比較】ハイブリッドとガソリンはどちらがお得?

低燃費のハイブリッド車ですが、車体価格は30万円から40万円ガソリン車よりも高くなります。

 

いくら低燃費といってもこの価格差を解消するのは大変そうです。

 

では、実際にどの程度使えば元が取れるのでしょうか。

 

ホンダフィットのガソリン車とハイブリッド車で比べてみたいと思います。

年間1万5千kmは走らないと燃費でハイブリッドは得ではない

衝撃の結果ではありますが実際ハイブリッド車は車体価格が高いですしお得とはいいがたいのです。

 

フィットのハイブリッドFパッケージは176万9143円で、ガソリン車の13G・Fパッケージは139万8858円となっています。

 

この価格差は燃費で埋めるとしたらかなり走らないといけません。

 

ガソリン車よりもハイブリッド車のほうが同じ燃料消費量で1.3倍から2倍走ります。

 

この価格差を埋めるにはなんと12万km走らないといけません。

 

標準的な車のオーナーは1年に1万kmが平均だそうです。

 

と考えるとなんと12年も車に乗り続けてようやく元が取れるかもしれないというレベルです。

 

12年!?

 

12年も車に乗り続けている方が果たしてどれだけいるでしょうか・・・

 

郊外で毎日車を使いますという方でも一日になんと41.1kmも走らないといけませんね。

 

さらに長く使うには頻繁にというわけではありませんが、電池交換が必要です。

 

実はこの電池交換費用、調べても全然出てきません。

 

とあるサイトには80万円(いくらなんでもそれはないと思います)とありますし、別のサイトには10万円ぐらいだろうと書いてあります。

 

この費用は年々安くなっているのでいずれは気にならないほどになるでしょう。

 

ただし、燃費について気にするのなら、まとまった出費となることは間違えありません。

 

下手をすると車検の項目に入ることも考えられますし、処分代金などを事前に徴収なんていうのもあったら嫌ですね。

 

そのため、ハイブリッドは自家用車としてはお得とは言えないということをここで申し上げておきます。

 

⇒2015年のエコカーはクリーンディーゼルとダウンサイジングターボか

 

ただ、ハイブリッド車の良いところは何点かあります。

ハイブリッド車に乗って嬉しいメリット3つ

まずモーターによる加速はガソリンエンジンの加速よりも力強いので市街地の走行性能が優れることですね。

 

また法人の営業車で使う場合には、市街地を走ることと走行する距離が大きくなりますのでハイブリッド車の利点が得られる点です。

 

プリウスαのタクシーはよく見ますが、結構良い選択なのではないかと思っています。

 

そしてこれは取ってつけたみたいになってしまいますが、先進技術を搭載した車に乗るという優越感でしょうか。

 

iphoneもそうですが、やはり新しいものは使ってみたくなりますよね。

 

それは車も同じではないでしょうか?

 

ただ、ハイブリッドはもう一般化していますから今度はEV車なのでしょうかね。

 

phev(プラグインで充電可能な電気自動車)のアウトランダーが走っているとついつい見てしまうのは私だけでしょうか。

 

最後にエコカー減税が続いているうちは燃費以上に利点がある場合があります。

 

ただし、もともとガソリン車でも燃費が良いならあまり大きな差は付かないでしょう。

 

実際にコンパクトカーなど燃費がよさそうなクラスはあまり差が付いていません。

 

というのもエコカー減税は車体の重さによって達成する燃費を決めているからです。

 

そのため、車体価格が高くなるような車や車体が重くなりやすいミニバンなどではガソリン車と比べて税金面でお得なのかもしれません。

 

⇒エコカーを買うなら2015年版のエコカー補助金を確認してください

SUVやミニバンのハイブリッドについて考えてみる

ここまで走ればお得かもしれないということで展開してきました。

 

ただこれは燃費が良いハイブリッド車においてということです。

 

というのも、最近はミニバンでもsuvでもハイブリッドモデルがありますが、この設定はなにも燃費的な経済性のために作っているわけはないと思います。

 

上でもあげましたけど、重さに対して燃費を設定されているエコカー減税はハイブリッド車なら達成が簡単な場合がありますので、そのためにあるのではないかと思うほどです。

 

エコカー減税はおそらくしばらくは継続するとは思いますので、適用があるうちはハイブリッド車は種類にもよりますがお得なのかもしれません。

 

とはいえ、燃費だけで巻き返そうとするとかなり走らないといけませんから、現実的ではありませんのでこれを選ぶ理由にはしないほうがよいでしょう。

 

コンパクトカーですらそうなのですから、ミニバンやSUVなどはなおさらでしょう。

 

⇒2015年4月よりエコカー減税の区分が新しくなります!

 

以上、「【燃費比較】ハイブリッドとガソリンはどちらがお得?」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

高く売る人続出中!
査定額の差を【絶対】に見逃すな!
一括査定と下取査定で比較
一括査定利用で平均16万7811円査定額UP!(50%以上の方が10万円以上の差)
見積数を一括査定と一社で比較
一括査定利用で平均13万7757円査定額UP!(70%以上の方が5万円以上の差)
査定依頼に【1分】も時間がかかってしまいました

査定だけでももちろんOK!

売る予定なら今すぐ確認!

大手車査定業者

【車を高く売りたい方以外は見ないでください!】

>車査定相場を調べても高く売れない理由<

このページを見た人はこちらのページも見ています

  • フリードハイブリッド【DAA-GP3】
    コンパクトカーより広くミニバンよりも小さい、ちょうど良いサイズのハイブリッドはなかなか無い。   その隙間を埋めるのがフリードハイブリッドとなっています。   プリウスαがミドルサ…
  • 【スズキ車に搭載!?】マイルドハイブリッドとは
    最近、軽自動車でもハイブリッド登場!?と驚く方も多いようです。   スズキの軽自動車には、種類としてマイルドハイブリッドというシステムが搭載されているようです。   この、マイルド…
  • ハイブリッド車を売るなら早いほうが良い
    トヨタアクアやトヨタプリウス以外にも、ミニバンやスポーツカーでもBMWi8など登場してきているハイブリッドカーですが、実はつなぎの技術なのをご存知ですか?   エコカーは最終的には燃料を直接…
  • 中古ハイブリッド車を買うときの注意点は?
    2010年あたりからハイブリッド車も増えてきて、それに伴って中古車市場にもハイブリッド車を多く確認できるようになってきましたね。   ハイブリッド車はモーターアシストがありますので、特に都市…
  • エコカー減税の燃費と重量について
    車を買うときにエコカー減税を考えるのは当たり前になりましたね。   それほど深く車購入に関わっているものですが、これはどのように決まっているのでしょうか。   実はエコカー減税は車…