車を長く乗るほうが経済的でお得なのか?

金回りが良い方は新しい車を3年おきに乗り換えるなんていいますけれども、最近は残価設定型クレジットの影響もあって、普通の方でも乗り換える方が増えているそうです。

 

車の平均所有年数は8年前後といわれています。

 

所有年数は平均ですから、3年で乗り換える方もいる反面で、長く乗る方もいらっしゃるのでこの数字となっています。

 

つまりは、短い期間で乗り換える方も増えているけれども、長く乗る方も増えている。

 

これが最近の傾向なのです。

 

ここで疑問なのがこの二極化した車所有の現状で、短い期間で車を乗り換えるのはお金がかかることなのか、はたまた車を長く乗るのは経済的でお得なのか。

 

どちらが経済的に良いのか?近年のライフスタイルや車の買い方を考えながらみていきたいと思います。

結論として長く乗ることは経済的にお得

いきなり結論ですが、車を長く乗る事はお財布や家計にやさしいです。

 

これはずっと車を乗る事を前提としていますので、短い期間で車を処分してその後車に乗らないというのなら当然ですが、長く車を持つことはこの状態と比べたら不経済になりますので注意してください^-^;

 

ここで注目して欲しいことがあります。

 

長く乗るためには車を買うときにしっかりと気に入った車を探すことについて、慎重にならなければいけません。

 

これは「車を買うならどの車でも良い」なんていう方以外なら当然考えますよね?

 

でも長く乗るための車を買うときに注目しなければいけない点はそれだけじゃないのです!

 

例をあげましょう。

 

最近の最も多いパターンはトヨタアクアの最上位グレードを購入して長く乗ろうと考える方です。

 

これは良い例といえるでしょう。

 

悪い例では、少し前の高級セダンを無理して買うようなケース。

 

確かに昔は手が出なかった車を中古車として安く出回っているから買うなんていうケースがあります。

 

大切にして乗ろう!なんて考えても古い車であることと、そしてもうひとつの落とし穴があります。

ネックはメンテナンス代と車検費用

一世代前のメルセデスベンツCクラスやEクラスを中古で買って大切に乗ろうという方も少なくありませんが、ここで注目して欲しいのがメンテナンスを行うときの費用と車検代です。

 

車検代については、いうまでも無く排気量や車体重量に比例して高くなる傾向にありますがそれよりも重要なのがメンテナンスのときのパーツ代です。

 

中古は車体が安いですが、交換するパーツは新品のものが必要となります。

 

車検では、部品の交換などが必要なケースがあり、そうなったときにとても大きな出費が発生するかもしれません。

 

例としては輸入車についてのお話をしましたが国産車でも同じです。

 

基準としては新車を保有できるほどの経済力が無いならばこのような昔はハイグレードの車を長く乗ろうなんていうのはやめたほうが無難でしょう。

 

ということで、車を買うときには長く乗れる車をしっかりと選ぶというのが大切になってきます。

 

気に入るのは当然ですが、所有して維持できるだけの車を選ぶことが重要となってきます。

 

トヨタの車は長く乗るためには適している

最近の車造りはどのメーカーも同じ水準になっているような気がしますので、新車で買った場合はそれほど差が出ないかもしれません。

 

これは、自動車メーカーが共通規格を利用して、相互に同じパーツを使っていることに起因するかもしれません。

 

さて、余談はさておき、中古車において言えば、私の感じるところではありますが、トヨタ車の耐久性が他のメーカーよりも優れているだろうというところです。

 

私は過去に日産のスカイライン(平成元年式)に乗っていましたが、知り合いが乗っていた同時期のトヨタマークIIと比べると内装のがたつきがとても気になりました。

 

これについては、私がスカイラインの前に保有していたホンダシビックについても同様であり、経年劣化で内装のがたつきが激しく、走行中にうるさい印象だったのです。

 

そんな中でトヨタ車はとても静かであり、正直メーカーでここまで違うのか・・・と感じてしまったわけです。

 

冒頭で申し上げたように、現在は各メーカー共通の部分があるので、今の新車が古くならないと答えはわかりませんが、トヨタ車については高い耐久性を持っているとして、私の中で印象に残っていますし、トヨタ自体もそのようなコンセプトを持っているようです。

 

ホンダも日産も好きな私ですが、耐久性や使い勝手という点については、トヨタ車が現在も優れている可能性が高いでしょう。

 

エンジンオイルの交換が一番大切

車のメンテナンスを考えると、誰もがまず思い浮かぶのがエンジンオイルの交換ではありませんか?

 

車の中で一番壊れて困るのは、当然エンジンであり、エンジンが故障することは車の買い替えを意味するかもしれません。

 

そのため、車を長く乗るならば当然ですがエンジンをいたわる上で、エンジンオイルの定期的な交換は必須です。

 

過去の車では、オイルを交換しないまま乗ってしまうとすぐ故障するような状況でしたが、現在の車は結構タフで、昔に比べてエンジンオイルを相当期間交換しなくても走るようです。

 

ですが、エンジンをいたわるならば、エンジンオイルの定期的交換は怠ってはいけません。

 

同様に、中古で車を買うならば、しっかりと定期的に点検整備されているかどうかが確認できる、点検記録簿を参照することで、エンジン周りのメンテナンス履歴をチェックすることが出来るでしょう。

短い期間で買い替えもライフスタイルに合致なら可

先ほどの例では、長く保有することでは身の丈に合わない車を所有すべきではないと申し上げましたが、短期保有なら問題ありません。

 

いや、問題が小さくなるというべきでしょうか^^;

 

実はお金に余裕がある方も、このことをよく知っているからこそ車を短期間で乗り換えるということもあります。

 

いくら車体が安くても交換するパーツは新品となりますので、維持できるかどうかが車保有期間での最大の焦点ですから、短い期間ならそれが発生しにくい。

 

場合によっては交換するぐらいなら、車を乗り換えるというスタイルなのでしょう。

短い期間の乗り換えはお金持ちの特権でない

このようなライフスタイルは、残価設定型クレジットという融資で一般の方でも可能になりました。

 

もちろん、事故などをしてしまうと下取額に影響しますから、あながち良いものではありませんが、選択の幅が増えるという点についてはそれほど悪いものではないでしょう。

 

今までは良い車を短い期間で乗り換えていくというのはお金に余裕のある方の行動でしたが、現在はそうでない方でも十分に可能になりました。

 

ただし、私は残価設定型クレジットについては全くオススメしませんので、この姿勢については固持していきます。

 

あくまでも車を購入するユーザーが取れる選択肢が増えたという点では評価するという程度にとどめておきたいと思います。

 

⇒なぜ残価設定型クレジットは良くないのか?

車をブランドと考えるか道具かで分ける

 

  • 長く乗ることは経済的にはお得
  • 買う車を慎重に探す必要がある
  • 短期保有なら身の丈に合わない車も有り

 

このようなことを申し上げてきましたが、最終的な判断はあなたが車をどのように使っていくかどうかに掛かっているでしょう。

 

レジャー目的やブランド目的ならば、長く乗ることはそれほどいいものではありません。

 

レジャー目的で車を保有する方は都市での保有者ということで考えてもらうと、最近は車を保有してまで行うレジャーというのが一般的ではなくなっています。

 

電車やバスなどが整備されていることもさながら、ショッピングセンターは駅周辺に作られていませんか?

 

大きなものは宅配を手配すれば問題なく、昔ほど車を利用してのレジャーというのも少なくなってきたことが原因ではないかと思っています。

 

今後もこの流れが加速するならば、結局車なんていらないじゃないか!ということになりかねません。

 

このようなレジャー目的では長く保有するということについては向いていないのではないかと思います。

 

ブランド目的なら言うまでもないでしょう。

 

新しい車のほうが当然ブランド価値が高いことも多く、そうでないフェラーリなどの車を保有する方ならばこのような悩みとは無縁ですね。

 

これらの目的ならば短期保有も視野にいれて車を選べばよいと思います。

 

対して、郊外で車が無いと生活できない、もしくは都市圏でも車が無い生活は考えられないという方では長く乗れる車を探す必要があります。

 

途中で例に出したトヨタアクアの最上級グレードでオプションを付けて乗るというのは、かなり良い選択ではないかと私は思っていますし、実際のところ良く売れているそうです。

 

特に50代前後の方がこのような買い方をされるそうで、軽自動車だと少し心元無いけれども、それほど大きな車は必要ないというところではないかと思います。

 

また、グレードが高いは車好きではなくても気に入って大事に乗る方が多いのも特徴です。

 

この車好きでもないのに大切に乗る方が多いというのは非常に重要で、やはり良いものには愛着がわくというものでしょう。

 

車を買うときはまずあなたはどのような目的で車を保有していくのか、それについて考えてから長く乗る車か、短期的に所有する車かを考えてみてください。

 

直感的な好みも大切ですが、特に長く乗る方には慎重になってほしいと願っております。

 

以上、「車を長く乗るほうが経済的でお得なのか?」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

 

あなたがアクセスできる中古車情報は全体の3割だけ

中古車情報誌のgooやカーセンサーに載っている中古車情報では全体の3割しか見ることが出来ないことを知っていますか?

一般の人が見ることが出来る情報は全体の3割

残り7割の非公開情報を見たい方はこちら

中古車探しサービス  

↓申し込んだときの実例です↓

音無しなので安心して確認してください

高く売る人続出中!
査定額の差を【絶対】に見逃すな!
一括査定と下取査定で比較
一括査定利用で平均16万7811円査定額UP!(50%以上の方が10万円以上の差)
見積数を一括査定と一社で比較
一括査定利用で平均13万7757円査定額UP!(70%以上の方が5万円以上の差)
査定依頼に【1分】も時間がかかってしまいました

査定だけでももちろんOK!

売る予定なら今すぐ確認!

大手車査定業者

【車を高く売りたい方以外は見ないでください!】

>車査定相場を調べても高く売れない理由<

このページを見た人はこちらのページも見ています

  • 車を買って後悔しないための選び方ポイント
    車は安い買い物ではありませんから、次から次へと乗り換えられるものではありません。   でも買ってから気づいて後悔するということもあります。   そう、購入して使ってみないとわからな…
  • 長く乗れる軽自動車なんてあるのか?(いつまで乗って大丈夫?)
    これは私の感じるところなので必ずしもそうではないのですが、軽自動車って普通車に比べてすぐ壊れてしまいそうなイメージはありませんか?   というのも、やはり車の価格が低いことや特定の規定内で作…
  • 残価設定型クレジットのメリット・デメリット
    皆さんは車をいつ手放す予定ですか? 壊れるまで乗りますか? それとも高く売れるうちに売りますか? 実は多くの方が新車登録から3年で手放すことが多いのです。 なぜ3年なのかといえば初回の車検が切れるのが…
  • 車のトランスミッション故障トラブル
    車は最終的には消耗品ですから、使っていればなにかとガタが出てきます。   特に最も過酷な機械的負担が掛かるのは当然エンジンでしょうけれども、次に負担がかかるのはその動力を伝えた先、つまりトラ…
  • 車は何年ぐらい乗ることが出来るのか?
    車は短く乗り換えるよりも長く乗っていたほうが経済的には得です。   ⇒車買い替えは短いほうが良い?長いほうが良い?   そのため、車保有で一番得をするには、中古車でよい車を購入して…