乗らない車を売るときの注意点

あなたの家に乗らなくなって廃車寸前の車はありませんか?

 

買ったときはドライブに行くことや車がある日常を楽しみにしていたけれども、最近はただ駐車場と税金など維持費が掛かるなんてことは少なくないと思います。

 

また、家の土地の中においてあるなら長期休みの掃除のときにどうしようかといつも考えているという方もいらっしゃいますよね。

 

部屋の掃除もそうですが、やるとなったらやってしまったほうが良いケースも多いです。

 

特に車の場合にはおいておくと価値が下がってしまって、すぐ処分すれば思わぬ収入になることも少なくありません。

 

今回はそんなしばらく乗っていない、乗らない車を売るときの注意点を確認していきます。

まずはエンジンをかけてみる!

しばらく乗られていない車はエンジンが掛からないことが多いです。

 

これは3つの可能性があります。

 

  • ガソリンが古い
  • バッテリーが上がっている
  • その他電気系の故障

 

エンジンが掛かればとりあえず大丈夫です。

 

掛からないときには修理するかどうか悩むと思います。

 

原則としては修理せずに車を売ったほうが良いでしょう。

 

ただ、原因が特定できないときにはどこが壊れているのかぐらいは知っておくと査定額の交渉に役立ちます。

 

どちらを取るかは人それぞれですが基本的には修理する必要はありません。

なぜ修理をする必要が無いのか

普通に考えたら壊れた状態で車を売るよりも直したほうが高く売れそうな気がします。

 

実際に車単体で考えれば当然そうでしょう。

 

壊れた車と正常な車が同じ価値なんておかしな話ですからね。

 

問題は総支払い額で考えたときのことです。

 

あなたが修理費用を支出した額より買取額が上がらなければいけません。

 

しかし、多くの場合には修理費用を買取額の上昇で取り戻すことは難しいのです。

 

これには明確な理由があります。

 

業者は自分の修理工場か横のつながりで一般ユーザーが修理依頼をするよりも安く手配できます。

 

そのため、業者価格で修理を依頼できるわけですから、あなたが支出した修理費用より安く済むわけです。

 

そんな中であなたは一業者間価格よりも高い修理費を出したとしても買取額が上がらない、もっといえば修理業者の利益分については総支払い額上でいえば不利になりますね。

 

このようなことから出来るだけお金が欲しいのならあなたが修理する必要がないというわけです。

車を放置しておくことで損をしている理由

あなたの保有している車は古くなっても価値があるようなプレミアムカーでしょうか?

 

多くの場合にはそんなことはなく、時の経過によって価値が減少していきます。

 

ちなみにどのようなものがプレミアムカーなのかといえばわかりやすいのはフェラーリでしょう。

 

国産車でいうとスカイラインGT-Rの最終型は時がたっても人気があります。

 

つまり、ほとんどの車は時の経過で価値が減少していくわけです。

 

なぜ時の経過で価値が下がってしまうかといえば、技術革新による古い車の陳腐化や単純に老朽化はわかりやすいですね。

 

誰だって車は古いよりも新しいほうが良いに決まっています。

 

これが時の経過による車価値の減少になります。

もし近い将来に処分するのならすぐに行動することが大切

まだ車に乗る機会があるかもしれないといって放置するのは大変もったいないことです。

 

車は置いておくだけでお金が掛かっていることをご存知ですか?

 

現実に使っていないのにも関わらずです。

 

例えば、税金は先払いですし、車検や自賠責保険も先払いですね。

 

自動車保険や駐車場代ももちろんそうです。

 

これらは使っても使わなくても確実にかかる支出ですから、置いておけばその分だけ掛かってしまいます。

 

他方、先ほど申し上げたように先払いの費用に関しては還付されたり、査定額に上乗せして回収できます。

 

人は手間がかかることを後回しにしますが、これは大変もったいないことなのです。

 

あなたが経済的に節約をしている部分があるとしたら、このような先払いの支出についても着目してみてください。

 

まとめますと、乗らない車を売るときの注意点は故障しているかどうかと決断を後回しにしないことが重要ということです。

 

処分予定の車がある方でお金を回収したいという方はまず査定を依頼して、その後車のエンジンをかけてみてください。

 

なお、ネットで車査定依頼もできますので車を処分して収入を得たいと考えている方は続きを確認してください。

 

⇒ネットの車査定サービス詳細はこちら【利用無料】

 

以上、「乗らない車を売るときの注意点」でした。

 

お役だていただけたら幸いです。

高く売る人続出中!
査定額の差を【絶対】に見逃すな!
一括査定と下取査定で比較
一括査定利用で平均16万7811円査定額UP!(50%以上の方が10万円以上の差)
見積数を一括査定と一社で比較
一括査定利用で平均13万7757円査定額UP!(70%以上の方が5万円以上の差)
査定依頼に【1分】も時間がかかってしまいました

査定だけでももちろんOK!

売る予定なら今すぐ確認!

大手車査定業者

【車を高く売りたい方以外は見ないでください!】

>車査定相場を調べても高く売れない理由<

このページを見た人はこちらのページも見ています

  • クラッチが滑る車を売るときの注意点
    車が動かないほどにクラッチが減っているならすぐ分かりますが、滑っているような感覚というのはなかなか分かりづらいものがあります。   マニュアルの車なら、いつかはクラッチを交換しなければいけな…
  • クラクションが鳴らない車を売るときの確認事項
    「クラクションが故障しているときに査定に出したら相当減額されるかも?」   クラクションが鳴らないときは、査定時にボタンを押してすぐ分かるということもあって車オーナーは少し不安になりますよね…
  • ライトが故障した車を売るときの注意点
    最近車に乗っていなかったのですが、ガレージを片付けることになり車を売ることになりました。   あとから気が付いたのですがライトにヒビが!・・・   でももう車を売ると奥さんにいって…
  • ぶつけた車を売るときは修理しないほうが得!?
    よくある質問シリーズの、ぶつけてしまった車を売るときの修理をしたほうがよいかどうかという質面です。   まずは、質問本文からどうぞ。   [su_note note_color="…
  • ブレーキが効かない故障車を売ってもよいか?
    よくある質問シリーズで、今回は故障車の売却になります。   まずは、質問本文からみてみましょう。   [su_note note_color="#f2f2d6"]   Q…