【要注意!】中古車購入時の車検はほとんどが無し!?

車を買う方要注意の情報ですから必ず確認して欲しいと思います。

 

実は車検が残っている車と車検2年付きの車は違うのをご存知ですか?

 

まず車検が残っている車というのは、あと数ヶ月から1年以上車検が残っている車というもので、本当の意味で車検がある車というものです。

 

車検2年付きというのは厳密にいうと車検が無い車です。

 

これは車検費用を別途請求されたり車体価格に組み込まれていたりと結局負担しなければいけません。

 

そのため、両者は厳密に区別すべきであり車を買うときには絶対に注目して欲しい部分でもあります。

車を安く買うなら車検が残っている車を買う必要がある

冒頭でも説明したとおりで、車を安く買うなら絶対に車検が残っている車を買う必要があります。

 

車検2年付きというのはどういう状態か、再確認ですが結局あなたが車を買ったときに負担しなければいけません。

 

よく車の窓ガラスに相当安い車体価格を掲載しているのに、いざ買うとなると+30万円というのは珍しいことじゃないですよね。

超格安中古車が存在しない乗り出し価格スタイル

俗にこういったものを「乗り出し価格」というようですが、この言葉はもっと具体的にすれば総支払い価格としたほうが良いでしょう。

 

ただ客引きとして安い値段を使うだけなら載せないでくれというのがユーザーの意見として多いのではないでしょうか。

 

このような状態で、総支払い価格を小さくしたいなら車検が残っている車を買う必要があるのが分かってもらえたと思います。

車を買うとどのような初期費用構成となるのか

まず車検2年付きの車、厳密にいうと車検が無い車は車体価格+25万円前後掛かります。

 

「この価格で売ってよ~」と車屋に頼んでもそれは無理ですといわれるゆえんはここなのですね

 

車検をユーザー車検で通されてしまうと商売が出来ないわけです。

 

車検が無い車については皆さん知っている通りですね。

 

車検が残っている車に関しては、リサイクル料金と自動車税の月割りぐらいです。

 

もしかしたらメンテナンス費用なんていう名目でお金を取られるかもしれませんが、車検が無い車と比較するとやはり安いと思います。

 

窓ガラスに書いているプライスボードの価格から+5万円、多くても10万円ほどになるのではないかと思います。

 

つまり、今まで高いといわれていた乗り出し価格をうまく回避するのは車検が残っている車を選ぶことということになります。

中古車を安く買うコツは車検に注目

ここまで車検の有無についてこだわってお話してきました。

 

中古車安いけど結局お金が掛かるじゃないか!?という仕組みについてお話してきた次第でしたがいかがだったでしょうか?

 

車屋も大変だな~と思う方もいらっしゃると思いますし、まあそんなもんだと知っていたよという方もいらっしゃると思います。

 

いずれにしても、あなたが車を安く買うためには車検が残っている車を探すということが大切になってきます。

 

少しでも安く車を買うときにはお役立ていただけたら幸いです。

 

以上、「【要注意!】車検2年付きの車は車検無しの車!?」でした。

 

あなたがアクセスできる中古車情報は全体の3割だけ

中古車情報誌のgooやカーセンサーに載っている中古車情報では全体の3割しか見ることが出来ないことを知っていますか?

一般の人が見ることが出来る情報は全体の3割

残り7割の非公開情報を見たい方はこちら

中古車探しサービス

高く売る人続出中!
査定額の差を【絶対】に見逃すな!
一括査定と下取査定で比較
一括査定利用で平均16万7811円査定額UP!(50%以上の方が10万円以上の差)
見積数を一括査定と一社で比較
一括査定利用で平均13万7757円査定額UP!(70%以上の方が5万円以上の差)
査定依頼に【1分】も時間がかかってしまいました

査定だけでももちろんOK!

売る予定なら今すぐ確認!

大手車査定業者

【車を高く売りたい方以外は見ないでください!】

>車査定相場を調べても高く売れない理由<

このページを見た人はこちらのページも見ています