運転し易い車選びの基準

最近は車の運転をする人も増えてきて、主婦の方や女性の方でも車を持ち、首都圏から離れれば車は一人一台というのは珍しくありません。

 

ただ、そんな状況であっても車の運転がうまい人、その反対に車の運転が苦手な人と別れてしまいますね。

 

誰しもが車の運転についてうまいわけではないのですが、生活をするために車の運転をしなければいけないような状況だってあります。

 

そんなときに運転が難しい車を選んでしまったらどうでしょうか?

 

相互事故につながってしまったら最悪で、そうでなくても日ごろからストレスを貯めてしまうことになるでしょう。

 

そのため、運転し易い車を選ぶことはとても重要なことなのです。

 

ここでは、車を運転するうえで運転し易い車の選び方というものをみていきたいと思います。

運転視界の確保ができるかどうかで運転のしやすさに差が出る

運転がしやすいか、もしくは運転がしにくいのかということについて、車の大きさが直接影響を及ぼさないことをご存知でしょうか?

 

私は過去にトラックを運転していたことがありますが、慣れると乗用車を運転するよりもとても楽でした。

 

では、車を運転するときにその難易度について大きくかかわってくる要素はというと、視界が確保できるかどうかなのです。

 

というのも、視界がない状態での運転は慣れに依存するケースが多いので、どうしても運転センスが問われます。

 

他方、見えている状態での運転であれば、大型車で狭い道を走るなどの極端な例を除けば、車が大きくても運転しやすいということになります。

 

SUVの場合には特に前面の対角位置にあるタイヤ通過点がわかりづらいこともあって、運転がしにくいと感じるようです。

 

ですから、ここでは運転のしやすさを視界の確保が出来るかどうかということで確認していきます。

 

欲をいえば全面的に見やすいことが一番なのですが、車の形状からするとそれは難しいでしょう。

 

そのため、特に困難な点についてまずはみていきます。

【チェックポイント1】右後ろの視界が悪いかどうか

先ほど申し上げたように死角となる部分が多ければ多いほど、感覚を頼りに運転することになるために、慣れれば問題ないのでしょうけれども、特に最初は運転がしづらいと感じるものです。

 

ですので、試乗を行うときは右後ろの視界が悪いかどうかは確認して欲しいと思います。

 

最近の車はミラーを大きく作ることが多く、そうでなくてもミラーを湾曲させるなど工夫が施されていますが、やはり実際に乗って運転してみたいなわからないことが多いです。

 

この右後ろの視界が悪いかどうかというのは、高速道路などの合流で特に影響を及ぼしますので、外車で左ハンドルの場合にはかなり苦労するかもしれませんね。

【チェックポイント2】後退時に後ろを確認しやすいかどうか

次に後退時の視界について確認して欲しいと思います。

 

最近の車にはバックモニターが付いているので、後方中央部に関してはそれほど心配はないのですが、特に気をつけて欲しいのが後方の両角となります。

 

というのも、ミニバンと違い後ろが短いことはそれほど悪いことではありませんが、出っ張っているような印象がありますので、運転しにくいと感じることが多いようです。

 

特に車庫が狭いなどの制約があるときにはこすってしまうこともあるでしょうから、この視認性についてはよく確認して欲しいと思います。

 

主に確認の仕方については後方中央部はバックモニターを利用することで問題ないのですが、両角についてはミラーによって確認することになるので、後方部の頂点が見えるかどうかというところを確認できるか確かめてください。

 

さて、次は具体的に車の横幅についてみていきます。

 

当たり前ですが、横幅が大きい車のほうが運転はしにくいということになりますが、横幅が小さくても運転しにくい車が存在する反面、大きくても運転しやすいという車も存在しますので、ある程度目処をつけて最終的な確認は市場で行うことが望ましいでしょう。

【チェックポイント3】左前方のタイヤの位置把握

車の運転免許取得時にとても苦労したのは、左前方のタイヤの位置を予想しながら運転しなければいけないことではありませんでしたか?

 

教習が終わってもまだまだその要素に振り回されてしまうわけで、この感覚をつかみ易い車とそうでない車が存在するので注意が必要です。

 

多くの場合には、試乗をすることで感覚として分かるのですが、実は運転席に座ったときにもある程度実感することが出来ます。

 

そのポイントとは、ボンネットや車のパネルで向こう側が見えないようなときです。

 

結局は見えていないものについて感覚をつかむということが大切なのですが、それでも目安について見えていないとどうしようもありません。

 

つまり、目安としての視認性が高いかどうかということが大切になってくるために、ボンネットが膨らんでいるような状況であったり、インナーパネルが特殊構造で運転性から左前が見えないという状況は避けたいところです。

 

試乗のときには当然に確認できますし、展示場でも運転席に座って確認すれば確実でしょう。

視認性が大切!試乗時には見えるかどうかは必ず確認

ここまで見てきたように、運転し易い車というのは視認性が高い車ということになります。

 

ココで大切なのが、車シート調整とのバランスです。

 

車のシート調整次第では視認性が悪い状況もありますので、しっかりとシート調整したうえで見えるかどうかを確認することが望ましいでしょう。

 

一般に車の運転がうまいという方については、この視認性をせずとも車を感覚で動かせるような人ですが、このような人は一部しかいません。

 

このような一部の人でも、うっかりミスをして車体をこすったりしてしまうわけですから、特に運転がうまくないという方は見やすい車、感覚のつかみ易い車を選ぶべきでしょう。

 

なお、最近はトヨタパッソやダイハツタントなど女性向けの車も多く出てきていますが、そのような車は総じて視認性が高く、感覚をつかみ易い車となっています。

 

好みでもないのに買う必要はありませんが、このような車の属性を理解したうえで車選びをしてみてはいかがでしょうか?

 

以上、「運転し易い車選びの基準」でした。

 

参考までにSUVの横幅について運転のしやすさもかねた比較がありますので、興味のある方は続きを確認してください。

 

あなたがアクセスできる中古車情報は全体の3割だけ

中古車情報誌のgooやカーセンサーに載っている中古車情報では全体の3割しか見ることが出来ないことを知っていますか?

一般の人が見ることが出来る情報は全体の3割

残り7割の非公開情報を見たい方はこちら

中古車探しサービス

 

横幅1800mm未満のSUV

SUVにしては比較的小さい部類に入りますが、小さい車として考えると大きく見えるのがこのクラスの特徴です。

 

最近のSUVブームを見て、各社コンパクトカーよりのSUVが発売されてされていることにもあわせて、軽自動車においても新しく登場しているのでサイズ問わず人気があるのが伺えます。

 

  • スズキ:ハスラー
  • マツダ:フレアクロスオーバー
  • スズキ:ジムニー
  • スズキ:ジムニーシエラ
  • フィアット:パンダ4×4
  • ルノー:キャプチャー
  • フォルクスワーゲン:クロスポロ
  • ダイハツ:ビーゴ
  • トヨタ:ラッシュ
  • プジョー:2008
  • ホンダ:ヴィゼル
  • 日産:ジューク
  • フォード:エコスポーツ
  • 三菱:RVR
  • 日産:エクストレイルクリーンディーゼル
  • スバル:フォレスター
  • スバル:XVハイブリッド
  • MINI:クロスオーバー

 

このように見るとやはり海外メーカーを多く確認できるのもSUVの特徴ですね。

 

この横幅では車の大きさがあまり気にならないことが多いので、それほど難しく考える必要は無いかもしれません。

 

横幅1800mm以上~1850mm未満のSUV

このクラスになると、国産車の中では大きい部類に入りますがSUVではどちらかというとまだまだ小型、もしくは中型ぐらいになります。

 

日本で走らせるSUVで使い勝手を考えるならこれぐらいのクラスがちょうど良いのかもしれませんね。

 

  • メルセデスベンツ:GLAクラス
  • アウディ:Q3
  • フォルクスワーゲン:ティグアン
  • ジープ:コンパス
  • ホンダ:CR-V
  • マツダ:CX-5
  • メルセデスベンツ:Gクラス
  • BMW:X1
  • フォード:クーガ
  • レクサス:NX
  • トヨタ:ハリアー
  • 三菱:アウトランダーPHEV
  • スバル:レガシィアウトバック
  • 三菱:アウトランダー
  • 日産:エクストレイル

 

近年最も人気があるSUVの国産車もほとんどがここにあるように、国内のSUVではこのクラスがメインとなるでしょう。

 

余談ではありますが、とても大きく見えるメルセデスベンツのGクラスがこのサイズなのはとても驚きです。

 

横幅1850mm以上~1900mm未満のSUV

国内で走らせるにはとても大きいサイズですが、海外では一般的なSUVといえばこのサイズとなります。

 

国産車においては本格的なオフロードよりの車も増えてきて、少し趣味が分かれるものとなります。

 

  • ボルボ:XC60
  • メルセデスベンツ:GLKクラス
  • BMW:X3
  • ジープ:チェロキー
  • ルノー:コレオス
  • シボレー:キャプティバ
  • ジープ:ラングラーアンリミテッド
  • トヨタ:RAV4
  • ボルボ:XC70
  • レクサス:RX
  • 三菱:パジェロ
  • トヨタ:ランドクルーザー70
  • トヨタ:ランドクルーザープラド

 

海外メーカーではまだ都市感があるSUVなので差別化を図りたい車オーナーはこのクラスを買うのかもしれません。

 

横幅1900mm以上~1950mm未満のSUV

ここからはほとんどが海外メーカーのSUVとなります。

 

ここからもわかるように日本国内では狭い道を走らせることや立体駐車場に入れることが困難になってきますのでご注意ください。

 

なお、海外で一般的にSUVといえばこのクラス前後をさすものとなります。

 

  • ポルシェ:マカン
  • BMW:X4
  • アウディ:Q5
  • ランドローバー:レンジローバーイヴォーク
  • ランドローバー:フリーランダー2
  • フォルクスワーゲン:トゥアレグ
  • リンカーン:MKX
  • トヨタ:FJクルーザー
  • アウディ:A6オールロードクワトロ
  • ポルシェ:カイエン
  • ランドローバー:ディスカバリー
  • キャデラック:SRXクロスオーバー
  • ジープ:グランドチェロキー

 

国産車においてはトヨタからFJクルーザーがありますが、外観からもわかるようにとても国内向けの車ではありません。

 

なお、特に車体が大きいと違和感を覚えてくるのはこのぐらいの大きさからになりますので、買う方は覚悟するとともに慎重に試乗に望むようにしてくださいね。

 

横幅1950mm以上~2000mm未満のSUV

海外においてもそれなりに大きいと感じるSUVです。

 

国内メーカーで唯一トヨタが車を作っていますが、このように見てみると海外向けに作られている車なのかな?と感じてしまいますね。

 

  • メルセデスベンツ:Mクラス
  • ランドローバー:レンジローバースポーツ
  • BMW:X5
  • BMW:X6
  • トヨタ:ランドクルーザー
  • ランドローバー:レンジローバー
  • メルセデスベンツ:GLクラス

 

特に新しい車では、そこまで問題となるケースが少ないわけですが、古い車の場合には視認性がとても悪い可能性がありますので、注意してください。

 

良くも悪くも日本基準では考えないことが大切でしょう。

 

トヨタは日本のメーカーですがランドクルーザーにおいても同様の考え方が望ましいです。

 

横幅2000mm以上のSUV

この大きさの車を買う方は、運転しにくいことなどをわかって買うわけですから、逆に全く心配は無いのですが試乗だけはしておくと後々困ることはないです。

 

  • フォード:エクスプローラー
  • キャデラック:エスカレード
  • リンカーン:ナビゲーター

 

見てわかるようにアメリカンなラインナップとなっていますので、車体が大きいこともあわせて重い取り回しとなります。

 

しかしながら、注目度もとても高いのでぜひ所有するのみならず、乗りこなしたい車でもありますね。

慣れると実は運転しやすいSUV

大きさよりも視認性であることや、横幅を具体的に確認してきましたが、いずれの車においても慣れるとシートポジションの高さもあって運転がしやすい車というのは少なくありません。

 

どうしても前方対角上のタイヤの位置把握が難しいのは仕方がない面がありますが、これについては各社改良を重ねていますので特に国産車ではそれほど心配しなくても良いのではないかと思います。

 

どうしても欲しい車について視界が確保できないような状況では、ミラーを大きくすることや視認性を上げる改良は自分でもすることは可能ですから、運転することを必要以上に怖がって買う車を限定しないようにしたいものです。

 

日常利用を考えると「横幅1800mm以上~1850mm未満のSUV」前後が立体駐車場などの利用を考えて一番楽なので、運転のしやすさもあわせて日常利用のシーンについても考えてみてください。

高く売る人続出中!
査定額の差を【絶対】に見逃すな!
一括査定と下取査定で比較
一括査定利用で平均16万7811円査定額UP!(50%以上の方が10万円以上の差)
見積数を一括査定と一社で比較
一括査定利用で平均13万7757円査定額UP!(70%以上の方が5万円以上の差)
査定依頼に【1分】も時間がかかってしまいました

査定だけでももちろんOK!

売る予定なら今すぐ確認!

大手車査定業者

【車を高く売りたい方以外は見ないでください!】

>車査定相場を調べても高く売れない理由<

このページを見た人はこちらのページも見ています

  • 運転免許証の更新を忘れてしまったときの対処法
    運転免許は免許保有者の誕生日から1ヶ月後まで更新することができます。   免許を取ったときに講習で絶対に更新だけは忘れないで欲しい、忘れないように誕生日に更新日を設定してさらに1ヶ月の猶予を…
  • 私有地の飲酒運転は道交法違反になるのか
    道路で飲酒運転をしてはいけないのはご存知の通りです。   最近は飲酒運転についてさらに厳しくなり、数年間免許を取れないような処分は特に郊外のような生活に車が必要な地域では致命的な罰則だと思い…
  • 【重要なのは広さ?】子育て車選びのオススメとは
    あなたは、子育て向けの車にどのようなものを求めますか?   大きさが必要?それとも運転のしやすさ?   または子育てにお金がかかるので、経済的負担が無い車が良いのかもしれません。 …
  • モテるための運転の仕方について
    なんかタイトルおかしいなと思いつつも、意外に需要があるのではないかと思って記事にしてみました。   若者の車離れなんていってもなんだかんだでみんな運転免許は持っているものです。  …
  • 快適な運転が楽な車の選び方
    最近はミニバンブームでセダンはあまり人気がないですね。   日本のメーカーは欧州向けにセダンを作り始めてだんだんと仕様も欧州モデルばかりになりました。   欧州モデルは基本的にボデ…